2011年02月28日

2/27 バラタナゴ釣り♪

110227_122343.jpg110228_000020.jpg


前日までの予報では、微妙な天候でしたが、当日になってみれば、ぽかぽかの小春日和(^^)


家を出たのが7時過ぎ 、いつもより少し早い出発です。


東京マラソンの影響で渋滞するのかと思いましたが、予想外にスムーズに車は走り、釣り場まで1時間ちょっとで到着(^^)


既に、Katakoriさんとoutlawさんのお二方は竿を出し各々楽しんでいる様子。


一応、Katakoriさんに到着の報告を電話で入れると、わざわざ駐車場まで迎えに来てくれたので、渡す物を渡し、釣り場に向かいます。


常連さん達に、挨拶を済ませ玉らーさんと隣合わせで釣座を確保!


先発のお二人の顔がバッチリ見える位置に入れたので、ラッキーでした。


今回は、blog友達に作っていただた、5寸元4本継ぎ1尺7寸、和竿の試釣も兼ねているので、わくわくしながらの一投目、浮きが落ち着くと直ぐに当たりが!


軽く引き合わせると綺麗な♂のバラタナゴですo(^-^)o


それからも順調に釣れ続き、十分に竿の調子や操作性のチェックができました。


結果は言うまでもなく、申し分ない仕上がりで、満足度は100%を遥かに超えています!


それと、もう一つタナゴアラカルトさんにお願いしてあった桶が届いたので、こちらの使い勝手の方も確認しまた。


少し大きめに作っていただいたので、タナゴも沢山入り、そして弱り難いと結う結果に落ち着き、こちらも大満足(^^)


僕の為に道具を製作していただいた方々には、深く御礼申し上げます。


有り難うございましたm(__)m


さて、そんな素晴らしい道具に囲まれながら楽しい釣りは続きます。


4人、L字に並び、釣りの話しよりも、いつもの馬鹿っぱなしに花を咲かせ、癒しとストレス発散をダブルで堪能。


楽しい時間が流れます。


この日は、タナゴの活性も良く、釣りに集中せずとも釣れるくらいで、桶の中は、あっと結う間に一杯に。


写真は多分、3杯目位だったと思います。


仲間と楽しく話せるだけでも良いのに今回は、釣果も大盛りで、本当に幸せな1日を過ごす事ができました。


最後に…。


この日一緒に釣りをしていただいた、Katakoriさん、outlawさん、そして玉らーさん、お疲れ様でした。


また、近いうちにご一緒できれば幸いです。


有り難うございました(^-^*)/
posted by あまね at 18:51| 神奈川 ☔| Comment(20) | TrackBack(0) | 釣り(タナゴ釣り) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

金属調親浮き完成☆

110217_060610.jpg


L17mm、φ3.5、3.8、浮き足:φ0.3。

ベース色:チューブ漆(黒)+金粉 ろくろ塗装。

模様付け:チューブ漆(銀)ろくろによるドライブラシ。

トップコート:エアブラシによる色止め後、ドブ漬け。

工程自体は大した事はないですが、乾かすのに時間がかかります(^_^;)

でも完成した瞬間、作って良かったと思うんですよねo(^-^)o

これがあるから物作りは止められません。

まあ、僕の場合は、物作りと言っても親浮きとシモリくらいしか作りませんが、

この小さなタナゴ浮きに凄く惹かれてしまうんですよ…。

posted by あまね at 15:34| 神奈川 ☁| Comment(18) | TrackBack(0) | 釣り(浮き) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

金属調☆

110211_014622.jpg



L17mm、φ3.5、φ3.8のタナゴ浮きです。

最近は、細いのばかりだったので、以前作っていた形状を久し振りに削ってみました。

塗装は、お気に入りの黒漆に金粉を混ぜて回転塗装したもの!

この塗り方は、1回塗っただけで仕上げに持っていけるので、非常に楽なんです(^^)

しかも、塗膜を薄くできる為、トップとボディーの段差が出来難くなると結うメリッリトもあります!

トップは、何時もの蛍光の黄色で塗りました。

やはり一番見易いように思います。

どんな時でも、取り合えず釣りになる。

だから、自然と仕掛け巻きケースの中身は、黄色いトップの浮きが増えて行く訳です!

1色だけじゃ詰まらないんですが、見易い方が良いですからね(^^;)

posted by あまね at 02:09| 神奈川 ☁| Comment(18) | TrackBack(0) | 釣り(浮き) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

2/5タナゴ釣り☆

DVC00246.jpgDVC00243.jpgDVC00242.jpg


天気予報は、気温も上がり小春日和になると言っていたので、もしかすると水も温み、タナゴの食いが良くなるかも!

そんな期待を胸に、いざ東へと車を走らせました(^^)

今回も冬の定番となりつつあるPZで、バラタナゴ釣りです。

少し出だしが遅くなり、現着が丁度お昼頃。

気温が温かいとあって、人の出も多く、釣り場は満員です。

それでも何とか2人分の釣り座を確保して、コマセ篭を入れ釣りを初めました。

まずは、浅い棚から探りを入れてみます。

すると1投目から豆バラが!

その後もハイペースで掛かるのですが、
どうも釣っていて面白さに欠けます(*_*)

そこで、今度は棚を深く取り、大きなバラを狙う事にしました。

やはり大きいやつは底近くに居たようで、棚を変えると直ぐに反応が現れた。

中には7cmを超えるようなデラックスサイズも交ざり、良い引き味を堪能させてくれます♪

何だかんだ言っても僕は、大きなバラが好きなんだな。

冬場は豆バラの渋い当たりを取り、それを合わせて掛けるのが醍醐味と昔から言われてますが、婚姻色が綺麗で引きが強い大きなタナゴの方が面白いと思うのは僕だけなのでしょうかね(^^;)

まあ、これも1つのタナゴ釣りの在り方だと思うので、無理に豆バラを釣らなくても良いと思っています。

この日は3時間と短い間の釣りでしたが、大盛り3杯と大満足の釣果に恵まれ幸せなひと時を過ごす事ができました。

そして、この幸せな気分は帰りの車の中まで続いたのは言うまでもありません( ̄▽ ̄*)

仕掛けは前回と同じ「タナゴアラカルト」さんの仕掛けのテストです。

以前、直吉さんに頂いた研ぎ針との相性もバッチリで、ストレスなく釣りが出来ました!

あぁ〜楽しかったo(^-^)o
posted by あまね at 15:52| 神奈川 ☁| Comment(18) | TrackBack(0) | 釣り(タナゴ釣り) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

白立ち上げ♪

110204_043245.jpg


今回は、白ベースでエアブラシによるグラデーション塗装で仕上げる予定です。

白とゆう事もあり、念入りに塗装と研ぎを繰り返さなければなりません。

僕の場合、糸通しの穴は、最初に開けパイプを通すのでパイプの端が透けやすくなります。

特に漆の白は、研いでしまうと直ぐに透けてくるので、良く乾かしてから研ぐ必要があります。

写真の段階で3回目の塗装になりますが、まだ小さなピンホールやパイプの透けがあるので、あと2回程塗り、それでも埋まらない場合は、瞬着をパテ代わりに盛り、乾いたらペーパーで均して行きます。

白のベースさえ終わってしまえば、あとは楽なんですけどね(^^;)

さて、どんなグラデーションを入れようかな?

そうだ!シンプルに1色でボカシてみようo(^-^)o
posted by あまね at 05:12| 神奈川 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 釣り(浮き) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。